ホーム > 消火器について詳しく知ろう > 消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器について

消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器は、2021年12月31日までに交換が必要です。

 消防法令に基づいて消火器の設置が義務付けられている建物等で、2011年1月1日の規格省令改正により既に型式が失効している消火器を継続的に設置できるのは2021年12月31日までです。2022年1月1日以降は、型式が失効した消火器の設置は認められませんので、計画的な交換・リサイクルをお願いいたします。
 適応火災のマークが文字で表示されている消火器や「設計標準使用期限」が記載されていない消火器は、型式が失効した旧規格のものです。
※ 消火器の技術上の規格を定める省令の一部を改正する省令(平成22年総務省令第111号)
 
新旧規格消火器の見分け方の例
 製造年が2012年以降のものは「旧規格」の消火器ではありません。製造年が2011年以前のものについて、次の内容を確認してください。
 
適応火災が「文字」で「普通・油・電気」と
表示されていたら「旧規格」の消火器です。
適応火災が「」で表示されていたら
新規格」の消火器です。
● 消火器の設計標準使用期限は「おおむね10年」です
見た目が新しく見える消火器でも、長い間設置していると経年で不具合が生じることがあります。メーカーが推奨する業務用消火器の設計標準使用期限は約10年です。
また、住宅用消火器の有効期間はおおむね5~6年です。
ご家庭に任意で設置している消火器には交換義務はありませんが、当該期限内での交換を推奨します。 
● 製造から10年を経過した消火器は「耐圧性能点検」が必要です
設置が義務づけられている建物(防火対象物)では、製造から10年を経過した消火器に対する「耐圧性能点検(水圧試験)」が義務付けられ、以降3年ごとの耐圧試験が必要です。
なお、消防法令等に基づいて設置が義務付けられている消火器については、耐圧性能点検を実施していても、旧規格消火器にあっては、2021年12月31日までに交換する必要があります。 
● 古い消火器はリサイクルしています
古い消火器は「廃消火器リサイクルシステム」により回収し、メーカーでリサイクルを行っています。
回収した廃消火器は再資源化され有効活用されています。お近くの回収窓口はホームページで検索できます。
リサイクル窓口検索
スマホで簡単
リサイクル窓口検索
窓口検索
消火器の廃棄・リサイクルについてのお問い合わせは消火器リサイクル推進センターまでお願いします。TEL 03-5829-6773(9:00〜12:00 13:00〜17:00 土日祝日・休日を除く)
 
● パンフレットのご案内
「消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器について」のパンフレットがございます。
ご必要の際には、PDFファイル(下の画像をクリックすると表示されます)を印刷していただくか、日本消火器工業会事務局(担当:和田)までお問い合わせください。 

あなたの消火器、大丈夫ですか?
高性能型消火器
消火器のリサイクル活動
消火器処分
リサイクル窓口検索
消火器占い
消火器について詳しく知ろう
型式失効
消火器の設置義務
飲食店の消火器具設置/点検の義務化について
消火器の選び方
消火器の使用方法
消火器の使用期限
消火器の処分・リサイクル
悪徳業者にご注意