消火器の選び方

1
消火器の選び方 -1
消火器は、「火災種別」と「薬剤種別」の特性を鑑みて選びます。
火災種別
A普通・B油・C電気
普通火災(A火災)
木材、紙、繊維などが燃える火災です。
油火災(B火災)
石油類その他の油類などが燃える火災です。
電気火災(C火災)
電気設備などの火災です。
薬剤種別
粉末系・水系・ガス系
粉末系消火器
速効で火勢を抑えて消火します。浸透性がないので可燃物によっては再燃することがあります。放射時間が比較的短いので、火元を的確に狙うことが大事です。
水系消火器
冷却効果が高く浸透性があり、再燃を防止します。放射時間が長いので落ち着いて消火できます。
ガス系消火器
対象物に入り込み、窒息効果で素早く消火します。消火薬剤がガスなので電気施設や精密機械なども汚損しません。
● 火災種別と薬剤と特性種別の対応表
上表は、消防庁(※)による、建物火災における各種消火器の特性です。
それぞれの特性を理解したうえで、最も適応する消火器をバランスよく設置してください。
(※)消防庁・消火器消火特性検討委員会の実験調査
● 消火器選びのポイント(火災種別と薬剤種別)
  • ①消火器の役割範囲が天井に炎が到達する程度までの火災規模であることから、第1着火物若しくは第2着火物となりそうな可燃物に着目して、これに適応する消火器を選ぶ。
  • ②一般家庭では、第1着火物となる可能性の高い天ぷら油や布団類に適応する消火器を優先して設置することが望ましい。
  • ③密閉された小区画内でガス系や粉末消火器を使用する場合、消火作用以外の特性も十分考慮して選ぶ。
  • ④消火勢を抑えるために制炎性の大きい粉末消火器を使う。続けて、再燃を防止するため冷却効果及び浸透性のある水系消火器を使う。
  • ⑤消火性能に適した、できるだけ能力単位の大きいものを選ぶ。
2
消火器の選び方 -2
消火器は、「住宅用」と「業務用」に大別されます。用途に合った消火器をご使用ください。
2
– 1 住宅用消火器

住宅用消火器は、住宅火災に適した消火器として開発された蓄圧式消火器(※)で、誰にでも簡単に操作できます。本体の色は、メーカーによりいろいろなものがあります。

(※)蓄圧式消火器について
消火器本体にあらかじめガスを蓄圧している消火器で、レバー操作によりバルブを開き消火剤を放出する仕組みになっています。万が一、本体が老朽化などで腐食し穴が空いてしまったとしても、内圧が上昇することはなく、そこからガスが抜けてしまうので本体が破裂することはありません。

住宅用消火器
住宅用消火器には、火災の種類に応じて適応火災が絵で表示で示されています。
適応火災の表示例
普通火災適応
天ぷら油火災適応
ストーブ火災適応
電気火災適応
ご家庭には、
住宅用消火器をお勧めします。
2
– 2 業務用消火器

業務用消火器は法令で定められた設置義務のある消火器で、建物用途以外にも、車両や船舶など一定の基準で設置が義務付けられています。

業務用消火器
業務用消火は、A(普通)・B(油)・C(電気)の火災種別で分かれます。適応火災を示す絵表示と能力単位の表示が付いています。
適応火災の表示例
普通火災(A火災)
木材、紙、繊維などが燃える火災。
油火災(B火災)
石油類その他の油類などが燃える火災。
電気火災(C火災)
電気設備などの火災。
消火器のリサイクル活動
消火器処分
リサイクル窓口検索
消火器について詳しく知ろう
消火器の設置義務
消火器の選び方
消火器の使用方法
消火器の使用期限
消火器の処分・リサイクル
悪徳業者にご注意