ホーム > 消火器について詳しく知ろう > 消火器の使用期限

消火器の使用期限

消火器は材質や安全率等を基に使用期限が定められています。
消火器ごとに本体に使用期限等が表示してあります。
1
使用期限をご確認ください。
● 業務用消火器
「設計標準使用期限」と表示されています。
使用期限は、おおむね10年です。
● 住宅用消火器
使用期限(期間)は、おおむね5年です。
※住宅用消火器は、薬剤の詰め替えができない構造となっています。
2
使用期限を過ぎた消火器は速やかに更新してください。
※このラベルは表示の一例です。
使用期限を過ぎた消火器は破裂による人身事故の危険があります。放置せず速やかに新しい消火器に取り替えてください。特に、腐食、キズ、変形などがみられる消火器は、たとえ使用期限に達していなくても直ちに交換してください。
また、高温、多湿、腐食性ガスや潮風の当たるところでは、設計標準使用期限内でも、操作に支障を生ずることがあります。
消火器を格納箱に入れるなどの保護をし、維持管理にご注意ください。
このように表示
されています。
常に「消火器は圧力容器」の認識を!
■放射には圧力が必要です
消火器は、本体容器内に充てんされた消火薬剤を圧力により放射し、消火を行う容器です。
消火薬剤を有効に放射するために強い圧力を必要とします。このため消火器の本体容器及びキャップは、この圧力に十分耐えるよう国の定める規格により高い安全率をみて製造され、また本体容器の内外面には耐食及び防錆加工を施して品質を確保しています。
■加圧式と蓄圧式があります
消火器には、本体容器の中に消火薬剤と加圧用ガス容器を内蔵した「加圧式」と、消火薬剤と圧力源を封入した「蓄圧式」があります。
■消火器の圧力の大きさ
特に加圧式は、消火器のレバーを握ると「加圧用ガス容器」の中のガスが本体容器内に充満し、本体容器の各部やキャップに強い圧力が働きます。これはプロパンガス容器よりもずっと高い圧力ですから、十分ご注意ください。腐食の進んだものや打こんのあるものは交換してください。
加圧式消火器
操作時
約1.0〜1.5MPa
※レバーを握った一瞬に強い圧力がかかります。
蓄圧式消火器
常時
約0.7〜0.9MPa
プロパンガス容器
常時
約0.8MPa
消火器のリサイクル活動
消火器処分
リサイクル窓口検索
消火器占い
消火器について詳しく知ろう
消火器の設置義務
消火器の選び方
消火器の使用方法
消火器の使用期限
消火器の処分・リサイクル
悪徳業者にご注意